教育逍遙 -小学校教育の小径をそぞろ歩き-

小学校教員として歩んできた小径が、若い仲間のみなさんの道標になることを願って…。

文章の要旨をとらえる(5年 国語)②

「見立てる」の要旨をとらえる

 

練習文「見立てる」の要旨をとらえる授業です。

時数配当から見れば、20分程度の設定と思われます。

 

光村教科書は、以前から練習文の上部に「初め」「中」「終わり」という帯を付けています。

三段構成を可視化(見える化)し、意識させてきました。

そして、各部分の役割を明らかにした上で、3つの部分に分けるスキルを示してきました。

つまり、「問題提示(問い)」の文が出てくる段落が「はじめ」、「問い」に対する「答え(まとめ)」が書かれている段落が「おわり」、それ以外の段落が「なか」という分け方です。なお、事例の数により「なか」はさらに細分化されることがありますが、文章全体の構成はあくまでも3つの部分です。

f:id:yosh-k:20200203121829j:plain

光村の何よりの功績は、3年生の段階から学習を取り入れたことで、段落分けの迷走授業がなくなったことです。(もっとも教科書の意図を理解していない教師の授業は保証の限りではありませんが)

 

練習文「見立てる」には、三段構成の帯が付いています。

全文の形式段落は6つあって、①段落が「初め」、⑥段落が「終わり」です。

 

①段落

 わたしたちは、知らず知らずのうちに、「見立てる」という行為をしている。ここでいう「見立てる」とは、あるものを別のものとして見るということであるたがいに関係のない二つを結び付けるとき、そこには想像力が働いている

《要点》

「見立てる」とは、あるものを別のものとして見るということであり、そこには想像力が働いている。

 

②段落~⑤堕落

あや取りで作った形とその名前を事例に取り上げている

 

⑥段落

 見立てるという行為は、想像力に支えられている。そして、想像力は、わたしたちを育んでくれた自然や生活と深く関わっているのだ

《要点》

見立てるという行為は想像力に支えられていて、わたしたちを育んでくれた自然や生活と深く関わっているのだ。

 

脚注に「筆者の考えがまとめられているのは、どの段落だろう」とあります。

考えを述べる=断定調の文末表現に着目します。上の文中に下線を付したのがそれです。

ここで、この文章が「はじめ」と「おわり」にまとめがある「両括型」であることを押さえます。子どもたちはこのタイプの文章にはあまり出会っていないと思います。ここでの押さえが、次の「言葉の意味が分かること」の伏線になります。

「両括型」の文章の要旨をとらえるには、「はじめ」と「おわり」の要点がベースになります。

 

同じく脚注に「ほとんどの段落で、くり返し使われている言葉を見つけよう」とあります。

くり返し使われている言葉=キーワードです。キーワードは要旨をとらえる時のカギの1つです。

ここでは「見立てる」という言葉がキーワードです。さらに題名も「見立てる」ですから、これはもう絶対に外してはならない言葉です。

 

要旨にまとめる

「見立てる」とは、あるものを別のものとして見るということであり、そこには想像力が働いている。

見立てるという行為は想像力に支えられていて、わたしたちを育んでくれた自然や生活と深く関わっているのだ。

  ↓

「見立てる」とは、あるものを別のものとして見ることであり、そこには想像力が働いている。そして、想像力は、わたしたちを育んでくれた自然や生活と深く関わっているのだ

細部はともかく、およそこんな感じでしょうか。