教育逍遙 -小学校教育の小径をそぞろ歩き-

小学校教員として歩んできた小径が、若い仲間のみなさんの道標になることを願って…。

人権教育

音楽で人権教育を考える④

3003年に行った講演では、「部落問題」「在日朝鮮人問題」とともに「平和問題」を取り上げました。 具体的には「沖縄」の問題に焦点を当て、「島唄」を紹介しました。(「さとうきび畑」も用意していましたが、時間の都合で聴いていただくことはできませんで…

音楽で人権教育を考える③

今回は、在日朝鮮人問題がテーマです。 最初にテーマの「表記」について触れておきます。 ここでは「在日朝鮮人」という表現を、日本に在留する朝鮮半島にルーツを持つ人々の総称として用いています。 「在日韓国・朝鮮人」として場合は、韓国(大韓民国)籍…

音楽で人権教育を考える②

部落(同和)問題は「重大な社会問題」であり、その解決は「国の責務」であるとともに「国民的課題」であるとした「同和対策審議会答申(同対審答申)」が出されたのは、1965年のことです。 この答申を受けて、1969年に「同和対策特事業別措置法(特措法)」…

音楽で人権教育を考える①

SMAPの「世界に一つだけの花」が流行ったのは2002年のことでした。 翌2003年8月、某所にて人権教育の講演を行ったのですが、その折に「世界に一つだけの花」を聴いてもらいました。 音楽を通して「人権教育とは何か」を考える企画です。 つぎに示しているの…

人権教育教材としての『おくりびと』と『納棺夫日記』

『おくりびと』は、2008年に公開された映画です。 滝田洋二郎監督の作品で、第32回日本アカデミー賞最優秀作品賞などを受賞しています。 Wikipediaから作品の「あらすじ」を引きます。 プロのチェロ奏者として東京の管弦楽団に職を得た小林大悟。しかし、あ…

節分の鬼はどこにいる

節分と言えば、豆まき。 豆まきと言えば、「鬼は外 福は内」 。 とまあ、相場が決まっているのですが…。 「鬼」ってなんでしょう? 「鬼」はどこにいるのでしょう? 「鬼は外 福は内」というフレーズには、「鬼」=「悪」という前提があります。 広い世間の…

「米騒動」か「米よこせの運動」か

1月8日、映画『大コメ騒動』の上映が始まりました。 映画の題材は、1918(大正7)年の「米騒動」です。 「米騒動」の始まりは富山県で、『大コメ騒動』の本木克英監督も富山出身です。映画は富山における「米騒動」という史実を題材にしていますが、あく…

「戦後80年」に紡ぎ継ぐ その3・被爆体験を記録する⑮

「戦後80年」に紡ぎ継ぐ その3・被爆体験を記録する⑪から紹介しています講演の続きです。 私の被爆体験~広島からのメッセージ~ 森本範雄さん1.被爆前の日常生活や当時の模様、当時の直前の様子 「戦後80年」に紡ぎ継ぐ その3・被爆体験を記録する⑪ 2…

「戦後80年」に紡ぎ継ぐ その3・被爆体験を記録する⑭

「戦後80年」に紡ぎ継ぐ その3・被爆体験を記録する⑪から紹介しています講演の続きです。 私の被爆体験~広島からのメッセージ~ 森本範雄さん1.被爆前の日常生活や当時の模様、当時の直前の様子 「戦後80年」に紡ぎ継ぐ その3・被爆体験を記録する⑪ 2…

「戦後80年」に紡ぎ継ぐ その3・被爆体験を記録する⑬

「戦後80年」に紡ぎ継ぐ その3・被爆体験を記録する⑪から紹介しています講演の続きです。 私の被爆体験~広島からのメッセージ~ 森本範雄さん1.被爆前の日常生活や当時の模様、当時の直前の様子 「戦後80年」に紡ぎ継ぐ その3・被爆体験を記録する⑪ 2…

「戦後80年」に紡ぎ継ぐ その3・被爆体験を記録する⑫

「戦後80年」に紡ぎ継ぐ その3・被爆体験を記録する⑪で紹介した講演の続きです。 私の被爆体験~広島からのメッセージ~ 森本範雄さん1.被爆前の日常生活や当時の模様、当時の直前の様子 「戦後80年」に紡ぎ継ぐ その3・被爆体験を記録する⑪ 2.爆発の…

「戦後80年」に紡ぎ継ぐ その3・被爆体験を記録する⑪

2007年度の6年生は、森本範雄さんという方の被爆体験を『めっせえじ』というDVDにまとめました。 制作手法は、「戦後80年」に紡ぎ継ぐ その3・被爆体験を記録する①・被爆体験を記録する②・被爆体験を記録する③で紹介した『ヒロシマのこえが聞こえますか…

「戦後80年」に紡ぎ継ぐ その3・被爆体験を記録する⑩

「戦後80年」に紡ぎ継ぐ その3・被爆体験を記録する④から紹介しています講演の続きです。 反戦・反核・反差別 21世紀につなぐヒロシマからのメッセージ 下 原 隆 資 さ ん(元・被爆教職員の会) ■育ったところの言葉で話す 「戦後80年」に紡ぎ継ぐ その3・…

「戦後80年」に紡ぎ継ぐ その3・被爆体験を記録する⑨

「戦後80年」に紡ぎ継ぐ その3・被爆体験を記録する④から紹介しています講演の続きです。 反戦・反核・反差別 21世紀につなぐヒロシマからのメッセージ 下 原 隆 資 さ ん(元・被爆教職員の会) ■育ったところの言葉で話す 「戦後80年」に紡ぎ継ぐ その3・…

「戦後80年」に紡ぎ継ぐ その3・被爆体験を記録する⑧

「戦後80年」に紡ぎ継ぐ その3・被爆体験を記録する④から紹介しています講演の続きです。 反戦・反核・反差別 21世紀につなぐヒロシマからのメッセージ 下 原 隆 資 さ ん(元・被爆教職員の会) ■育ったところの言葉で話す 「戦後80年」に紡ぎ継ぐ その3・…

「戦後80年」に紡ぎ継ぐ その3・被爆体験を記録する⑦

「戦後80年」に紡ぎ継ぐ その3・被爆体験を記録する④から紹介しています講演の続きです。 反戦・反核・反差別 21世紀につなぐヒロシマからのメッセージ 下 原 隆 資 さ ん(元・被爆教職員の会) ■育ったところの言葉で話す 「戦後80年」に紡ぎ継ぐ その3・…

「戦後80年」に紡ぎ継ぐ その3・被爆体験を記録する⑥

「戦後80年」に紡ぎ継ぐ その3・被爆体験を記録する④から紹介しています講演の続きです。 反戦・反核・反差別 21世紀につなぐヒロシマからのメッセージ 下 原 隆 資 さ ん(元・被爆教職員の会) ■育ったところの言葉で話す 「戦後80年」に紡ぎ継ぐ その3・…

「戦後80年」に紡ぎ継ぐ その3・被爆体験を記録する⑤

「戦後80年」に紡ぎ継ぐ その3・被爆体験を記録する④で紹介した講演の続きです。 反戦・反核・反差別 21世紀につなぐヒロシマからのメッセージ 下 原 隆 資 さ ん(元・被爆教職員の会) ■育ったところの言葉で話す 「戦後80年」に紡ぎ継ぐ その3・被爆体験…

「戦後80年」に紡ぎ継ぐ その3・被爆体験を記録する④

このシリーズの①から③で紹介してきた「ヒロシマのこえが聞こえますか」の原点は、被爆体験の講演です。 被爆体験に限らず、これまでに10本あまりの講演の「テープ起こし」をしてきました。1時間30分の講演を文字化するには相当の時間と労力を要しますが、そ…

「戦後80年」に紡ぎ継ぐ その3・被爆体験を記録する③

「戦後80年」に紡ぎ継ぐ その3・被爆体験を記録する②で紹介している「ヒロシマのこえが聞こえますか」の第2章「2.ビデオ「ヒロシマのこえがきこえますか」」の続きです。 ヒロシマのこえが聞こえますか 2.ビデオ「ヒロシマのこえがきこえますか」 最後…

「戦後80年」に紡ぎ継ぐ その3・被爆体験を記録する②

「戦後80年」に紡ぎ継ぐ その3・被爆体験を記録する①で紹介している「ヒロシマのこえが聞こえますか」の続きです。 ヒロシマのこえが聞こえますか 2.ビデオ「ヒロシマのこえがきこえますか」 ヒロシマで学んだことを子どもたちの心に残したい。そう思いな…

「戦後80年」に紡ぎ継ぐ その3・被爆体験を記録する①

私は在職中に2度、ヒロシマの被爆体験の記録化に取り組みました。 1度目は1985年のことで、「ヒロシマのこえがきこえますか」というビデオを作りました。 2度目は2007年で、「めっせえじ」というDVDにまとめました。 両者に共通しているのは、ビデオ紙…

「戦後80年」に紡ぎ継ぐ その2・地域の戦争を記録する⑨

2011年度6年生の記録 地域の戦争体験 〈4〉 第2部 日中戦争・太平洋戦争中の子どもたち 2-4 戦争中の家庭生活 2-4-1 くらし 8年入学のACさんは「秋の穫り入れ時は、昼にもみの天日干しをひっくり返したり、下敷きを巻いたりした。稲運びも多か…

「戦後80年」に紡ぎ継ぐ その2・地域の戦争を記録する⑧

2011年度6年生の記録 地域の戦争体験 〈4〉 第2部 日中戦争・太平洋戦争中の子どもたち 2-3 戦争中の学校生活 17年入学のAYさんは、「上級生はわらじ、ぞうり作り、高等科男子は松ヤニ採りをしていた」と記されています。わら草履作りについては、15…

「戦後80年」に紡ぎ継ぐ その2・地域の戦争を記録する⑦

2011年度6年生の記録 地域の戦争体験 〈3〉 第2部 日中戦争・太平洋戦争中の子どもたち 「第2部 日中戦争・太平洋戦争中の子どもたち」は、老人会の皆さんにご協力いただいたアンケートをもとに作成しました。 第2部は、次の4項で構成されています。 2…

「戦後80年」に紡ぎ継ぐ その2・地域の戦争を記録する⑥

2011年度6年生の記録 地域の戦争体験 〈2〉 第1部 日中戦争・太平洋戦争で亡くなった人たち 校区内の戦死者は37名で、そのうちの35名については校区内に縁故者からアンケートに回答をいただくことができました。 アンケートを整理していて分かったことがあ…

「戦後80年」に紡ぎ継ぐ その2・地域の戦争を記録する⑤

2011年度6年生の記録 地域の戦争体験 〈1〉 2011年度の6年生は、校区の戦争体験について調べ、「戦争と■■(伏せ字部分には校区名が入ります)」と題するDVDにまとめました。 実践記録の「はじめに」の一節です。 ヒロシマは大事な学びではあるが、生活…

「戦後80年」に紡ぎ継ぐ その2・地域の戦争を記録する④

2014年度6年生の記録 少年F ~最後の兵隊さん~ 〈4〉 2-2.最後の兵隊さん 些末なことながら、⑥⑧と⑩の画像には、画像処理ソフトでライティング効果を施しています。 3.伝言 ナレ311 2014年。今年で、戦後69年になります。 16歳だった藤…

「戦後80年」に紡ぎ継ぐ その2・地域の戦争を記録する③

2014年度6年生の記録 少年F ~最後の兵隊さん~ 〈3〉 2.最後の兵隊さん 1943(昭和18)年、藤田さんは国民学校高等科の2年になります。 この年、兵役法が改められ、大学生にも徴兵検査の義務が課せられました。「学徒出陣」です。 さらにこの年の暮れ…

「戦後80年」に紡ぎ継ぐ その2・地域の戦争を記録する②

2014年度6年生の記録 少年F ~最後の兵隊さん~ 〈2〉 1.少年の日々 本編の「1.少年の日々」では、1936年4月の尋常高等小学校入学から1942年3月の国民学校初等科卒業まで(尋常小学校は1941年に国民学校と改称されました)と、同年4月から翌43年3…